【デイケア】利用者さんの声3

やっと春めいて来ました。新年度が始まり、慣れない新生活に戸惑っている方も多いのでは? 新しい環境、新しい人間関係につまづいたり悩んだりしたら。ここ、デイケアは、そんな人たちの居場所になりたいと思っています。

さて、デイケア利用者さんの声、久しぶりにまたご紹介します。

「いろいろな人と出会い、楽しく過ごしています。バレーボールなど体を動かしたり、体幹トレーニングなど、自分ひとりではできないことも、皆とすることで楽しく出来ています。音楽も、ボーカルをやったり大変です。たまに気持ちが落ち込むこともありますが、デイケアに来て友達と話すことで気持ちも穏やかになります。これからも楽しんできたいと思います」(60代女性)

→ ひとりでいるより、友達といるほうがパワーになる、楽しめる。そう思ってもらえるのが、私たちデイケアスタッフの喜びです。

「最初にデイケア体験をしたときに、ひっぱりうどんという山形の郷土料理を食べ、ちょっと自分の口には合わずブルーになりましたが、その日だけだったみたいです。基本的に調理もおいしいです」(20代男性)

→ なんと! うどんが口に合わなかったという意見も(笑)。でも、以前にもご紹介した、デイケア自慢の調理プログラム、気に入ってもらえてよかったです。

当デイケアでは、皆さんに楽しんでもらえるように、日々いろいろなプログラムを考えています。毎日複数のプログラムを行っているので、アウトドア派、インドア派、おひとり様派、みんなでワイワイ派、いろんな方のご希望に添えるよう工夫をしています。よければ覗きに来てくださいね。